ホーム

Slider


万葉集の中に
 「いにしえの 人の植けむ杉が枝に かすみたなびく 春は来ねらし」という短歌があります。
 日本では万葉人(ひと)が「いにしえ」と呼ぶ古い時代から 営々と植樹がすすめられてきたことがわかります。
 日本人の物の考え方 例えば他人への思いやりや 感謝の心などは おそらく 森を大切にする気持ちを通じて培われたものであり そこに日本人の心の原点があるのではないかと思います。
 今 その心の原点が忘れられているような気がします。
森づくり運動は 単なる木を植える行為であるばかりでなく 今 忘れかけている日本人の心を呼び戻す運動でもあると思います。
 私たちは今日の豊かな生活と引換えに豊かな森を失いかけています。
 私たちの森林トラスト運動は、豊かな森を取り戻すためのほんの一握りの植樹運動でありますが、みなさんのご協力を得て環境改善の台風の目になりたいと考えています。
 「みなさま」の力を貸しください。

森林トラスト運動


  • 当NPOは皆様の会費や寄贈などにより、放置された山林や原野などを整備する「森林トラスト運動を中心に、  2006年より長期にわたり、森づくりに取り組んでおります。
  • そこで、私たちの暮らしに計り知れない不可欠な恩恵を受けている「森林の働き」と森づくりのための「森林トラスト運動」との関係について、紹介いたします。

〇森づくりの実践例・・・・・「函館未来の森」


  • 当会(NPO法人北海道に森を創る会)は、全道で地元の人たちの協力を得て、森づくりをすすめてまいりました。
  • 「函館未来の森」は、函館山から市街地を挟んで向かいにあり、函館山の夜景と対比して、裏夜景と呼ばれ、景色の素晴らしいところです。
  • 株式会社西武建設運輸様から5ヘクタールの土地をお借りして、森づくりを始めました。
  • 最初は、不法にごみが捨てられ、ゴミ捨て場と化しておりました。
  • 当会では、ゴミを整理し、10年間、春には植樹、秋には育樹をすすめてきました。
  • その間、地元の「国の華幼稚園の園児」の皆さん、函館サンモリッツ植樹ボランティアの皆さんなど、多くの人々の協力のもと、森づくりをすすめてきました。
  • 途中、野ねずみの食害にあい、大変でしたが何とかクリアーし、サクラを主体とした植樹でしたが、今では春には花をつけるようになり、林の様相を呈してきました。
  • これから何年、手入れが必要ですが、園児の“もりのくまさん”の歌声を聴きながら森づくりに励んでいこうと思っております。

森林トラスト運動への協力のお願い


  • 私たちは、荒れた山林や原野を取得し北海道の森林を再生する「森林トラスト運動」を進めています。

  • 「みなさま」の力をお貸しください。

~当会の主旨にご賛同の方~

・入会(一般会員、賛助会員)

・寄付金や山林や原野のご提供などを承ります

*お問い合わせ

携帯 / 090ー1385ー5946