森林・樹木葬

樹木葬の特長
森林・樹木葬は以下の特長や効果があります


  1. 森林保全や森づくりに寄与します
  2. 花や木などに囲まれた自然の中で安らかに「永眠」が叶います
  3. 継承不要な個人墓や夫婦墓が多く、家族や子孫などの負担が軽減されます
  4. 墓地以外で遺骨埋葬禁止の墓地、埋葬法(略称)に適合しています(同法対象外の「散骨」異なる)
  5. 墓石に比べて低費用でお墓が確保できます
  6. 林業の中間収益(墓地利用料)確保、雇用創出、墓参や催事参加者による交流人口増加などの経済効果が期待できます

これまでの活動


  1. 当会は森づくりの方策として、森林トラスト運動とともに「樹木葬墓地の事業化」に着目し、2006年に発足
  2. 近年の機運高まりを受け、2012年の岩手、東京、千葉の視察および先行事例や道内動向の情報収集
  3. 「森林・樹木葬」のセミナー開催などによる道内の気運向上と醸成活動
  4. 会報「森のささやき」により、樹木葬墓地に関する当会の取り組みなどの情報発信
  5. 樹木葬候補地の参画や森づくりの技術的支援など、今後の森林・樹木葬に対する「当会の役割」を検討
  6. 2014年以降は、ドイツ型樹木葬墓地の北海道普及を提言されている北海道大学観光学高等研究センターの上田裕文氏(当時は札幌市立大学講師)と連携し、調査研究や情報提供などを実施。

 《上田裕文氏の樹木葬墓地に関する取組み》

 ドイツ留学の折に「ドイツ型樹木葬墓地」を研究され、帰国後には北海道新聞などのマスコミや多くのセミナーなどを通じ、北海道における「森林・樹木葬」の意義と必要性を提唱し、道内の普及に向けて活動中。
 なお、樹木葬墓地に関する当会のセミナー講師を2度にわたりご担当いただいております。


7. 樹木葬墓地の日本方式とドイツ方式の比較検討
  <日本方式>新たに植樹を行い墓標にする方法
  <ドイツ方式>既存の天然林の樹木を墓標にする方法
    *当会は、この広い大地の森林や自然景観を損なわないドイツ方式を指向し、
     「森林・樹木葬」と命名しました


今後の取組み


当会は森づくりを目的に、北海道内の自然林(天然林)を活用したドイツ方式の森林・樹木葬に関する以下について、推進します

  1. 樹木葬墓地に関する情報の提供やアドバイス
  2. 墓地活用に関する森づくりの指導やコンサルティング
  3. 森林の維持造成や森林の利活用を目的とした樹木葬墓地計画書の作成
  4. 利用者の募集業務

*森林・樹木葬のに関するご意見、お問合わせは下記をクリックしてください

お問い合わせLinkIcon