活動報告

最新の活動報告

(1)未来の森・函館 さくらの樹病診断調査

実施日:令和2年10月2日 調査者:木戸口樹木医を含む理事4名 *植栽済の約150本の桜を対象に樹病を診断した結果、以下の 状況が判明し、伝染防止に向けた処理を施しました。
   ・サクラてんぐ巣病15本、 ⇒ 枝葉整理
  ・サクラこぶ病15本、胴枯れ病7本 ⇒ 伐倒処理
◎伐倒作業は、当会の函館支部若松理事(函館造林企業組合理事 長)のご好意により実施されました 。

(2)未来の森・函館 秋の育樹祭

開催日:令和2年10月29日 参加者:19名
  北海道渡島総合振興局渡島東部森林室、同振興局林務課
  函館サンモリッツくらぶ、当会函館支部の皆様が参加
※ コロナ禍の予防対策として、今回は函館支部が主体で開催し、 大勢 の地元の皆様と協働で下記の作業などに取り組みました。
大勢の地元の皆様と協働で下記の作業などに取り組みました。
 ・桜の野鼠防止用袋かけ、栗やヤマボウシなどの冬囲い
 ・鹿対策を兼ねたヒバ立ち木の下枝伐り
◎野鼠防止用の薬剤散布作業は、令和2年11月20日に中川函館支部長に より実施されました。

<写真提供> 渡島東部森林室普及課